ハウスダスト ダニ 喘息

ハウスダストの除去でダニによる喘息は治るのか?

喘息の抗原で一番多いのはハウスダストです。

 

またハウスダストには色んな抗原が含まれていて、その中にはダニが原因となるものがあります。
ハウスダストの除去でダニによる喘息は治るのか?

 

そしてそれは小児喘息で最も多いと言われています。

 

ですのでハウスダストを家の中から排除すれば喘息は起こらなくなると思われるかたも多いと思います。
しかしそうするとハウスダストをゼロにするということは体が過保護になって良くないのではという親がいます。

 

しかしそれは正しくないと考えられます。
アレルギー体質の子供が増えた原因には寄生虫などが体に入ってくることが少なくなったということも一因とは思われています。

 

しかし現時点でハウスダストでアレルギーになっている子供にハウスダスト襲わないように少なくするということは合理的な考え方です。

 

ハウスダストは取り除くべき

例えば逆に言うと寄生虫にかからせたりウイルスに晒したりすること
どんどんと子供が強くなるということに同意される人は少ないと思います。

 

ですので一旦アレルギーになってしまった子供にはハウスダストを除去する方が体調が整って良いのです。

 

ハウスダストアレルギーなった場合ハウスダストアレルギーになった場合はその体質は治りません。
ですので喘息が発生しないようにステロイド剤を吸入し住宅環境良くしてハウスダストなどを減らす必要があります。

 

食べ物でアレルG出るのは食物アレルギーと言われています
ダニアレルギーなってしまった場合はダニを除去することが必要です。

 


ダニを除去することに抵抗感じ掃除などを怠っていると気管支が
度々炎症を起こして来ずに何度もナイフを入れるようなものです。

 

ですので難治性の喘息になる危険性もありますので、環境を良くして治療することが必要です。

 

アレルギーの原因なるダニ喘息はアレルギーの原因なる抗原の多くはダニです。

 

ハウスダストにはたくさんのダニがいます。
日本には100種類以上のたにがいますが、喘息やアレルギーなどの原因になるのは京大にという種類の谷です。

 

家の中にいるダニの70%は相談にの範疇にありその中でもヤケヒョウダニ
が特に多くアレルギーの原因になっています。

 

さらにはこの焼き方ダニと粉表ダニは生体だけではなく本や
4階の一部が細く小さくなることによってアレルギー性をさらに強く持ち喘息症状を引き起こすことがあります。

 

子供の喘息の原因はダニが多い

子供のダニアレルギーの方はとても多いです。

 

20歳未満のアレルギー性鼻炎の中表ダニが原因の人は80%から90%にものぼります。

 

そして小児喘息に至っては9割以上がヤケヒョウダニによるアレルギーです。

 

ですので焼き餃子にはこの表ダニを完全に駆除できるは喘息やアレルG起こらないようになる可能性も高いです。

 

抗原は多くはハウスダストによるものです。
ダニを減らすのは困難第2を減らすのは困難です。

 

その原因は以上に上げる原因からです。

 

まず表ダニの繁殖力はものすごいものです。

 

まずダニは卵から帰るのですが、3週間ぐらいで大人になります。

 

そして毎日毎日卵を産み続けます。
その数は1日に3個と呼ばれていて死を迎えるまでに何百個の卵を産むと言われています。

 

ヒョウダニの食べ物は人間のフケや赤などそして他の微生物やかびや
植物繊維や昆虫の羽などダニでも食べて食品くず7まで食べます。

 

それくらい食欲が旺盛です。
ですのでダニ捕りロボで対策していく必要があるのです。

 

相談にはどこにいるかと言うと家にはもちろんですが、病院や映画館などいろいろなあらゆるところにいます。