ダニ取りシート 布団 ダニ対策

ダニ取りシートで生きたダニを退治する

まず部屋が明るいとダニが布団の中に潜り込んでいます。ですので1時間程度暗くしてダニが外に出て来るのを待ちます。次に当て布をしてアイロンかける準備に入ります。

 

アイロンは普段より少し長くかけるので布団が焦げてしまうないようにその対策としてタオルを使います。アイロンかける適切な温度を上げてアイロンで布団の大人を殺します。

 

目安としては一箇所に5秒程度時間をかけてアイロンかけて行きます。アイロンかけている時ダニをどんどん逃げていきますので頭の方から足の方に向かってアイロンを進ませていくとよいでしょう。

 

掃除機でダニを吸い取る

スチームアイロンや布団乾燥機のでダニを殺したら、次は死骸を撤去する作業に入ります。
ダニは殺すだけではダメしっかりと市街と糞を取り除く必要があります。そして卵の状態の他にもいるかもしれませんので掃除機で吸い取る必要があります。

 

掃除機の効果的な使い方
掃除機はゆっくり丁寧に書けることが必要です。
目安としては1平方メートルあたり20秒程度普段の3倍から4倍の時間かけて掃除機をかけていく必要があります。

 

ダニ取りシートでダニを取る

ダニ取りシートでダニは効果的に取れます。

 

ダニ取りシートで退治!布団のダニ対策

 

ダニ取りシートは市販でたくさん販売されていて、ダニ捕りロボやダニテクトなどが有名で、アトピー協会などから推薦されています。

 

布団専用の掃除機ヘッドを使う
掃除機は汚いところをのゴミを取る道具です。例えば部屋の隅や埃っぽいところ汚いところですのでそんな所を掃除したヘッドで布団をかけるのが嫌だという人もいるでしょう。

 

そういう時は布団専用のヘッドを使うことがおすすめです。どこにヘッドは売っているのでしょうか。それは使っている掃除機の販売元に消耗品としてヘッドが売られています。

 

布団掃除機を購入する費用があれば専用掃除機を買ってもいいですかそのような費用を捻出できない場合は減っただけでも新しくしておけばきれいなペットで掃除機をかけることができます。

 

ダニ駆除の頻度はどのくらいダニ駆除頻度どのぐらいでしょうか。
希望言えば1週間に1回程度が必要です。というのはダニに3ヶ月の授業があって成虫になるまでに2週間かかるからです。

 

成虫になるとダニが卵1日あたり1個から3個海死ぬまで卵を産み続けます。
ですのでこれを考慮すると、やはり1か月や2か月ごとに他に掃除をするには足りなくて1週間に1回程度のお手入れが必要だということになります。

 

ダニの繁殖を防ぐ方法

そもそもダニの駆除をする前にダニが増えないような環境を作ることが必要です。そこでここからはダニが好む環境音嫌いな環境を解説していきたいと思います。

 

まずダニが好む環境は今度はに20度から30度の間の状態湿度が60%から80%の状態です。
つまり日本の気候で言うと5月から8月の間ダニが大繁殖する時期です。

 

手っ取り早い方法
体が触れる部分を洗えるタオルにする布団の掃除機を使った方法などを紹介してきましたが、布団を1週間に1回大掃除するなどとてもできません。

 

となると簡単に掃除できるような方法が必要になります。その方法は体が触れる部分に洗えるタオルなどを巻いておくということです。

 

例えば頭や首背中などがつく布団の部分にはバスタオルを敷いておきその上に寝るようにします。

 

そうするとバスタオルを毎日洗えばダニが洗い流されて体にダニが付かなくてすみます。これは布団のダニが減るまでの応急的な措置にもなりますので、ダニが痒くてしょうがないという方はまずタオルを布団の上にするという方法を使ってみてください。

 

ダニ取りシートで退治!布団のダニ対策

 

湿気がこもらないよう注意する
湿気がこもらないのに布団を取り扱っていることが必要です。そのためにはまず布団は朝起きてからしばらくたってから痛むということ実感することはできませんが、人間が寝た布団は足をたくさん吸い込んでいて水着が多くなっています。

 

ですので朝起きてすぐに布団をたたんでしまうと子宮が残っていてダニが増えやすい状態になっています。

 

ですので起床したら1時間ぐらいたって布団をたたむようにします。そして畳宿に布団敷いてる場合は畳にも水着が残っていますので、布団を室内の布団干しなどにかぶせて床や畳に水気が残らないようにします。

 

ダニが繁殖しにくい布団
どんなに苦労してもダニをゼロにすることはできませんがダニが繁殖しにくい布団の素材というものはあります。